CASE

出っ歯(上顎前突)、ガタガタ(叢生)

    • before

      BEFORE

    • after

      AFTER

    症例情報

    症状 上顎歯列の狭窄および叢生を伴う骨格性上顎前突症例
    年齢・性別 7歳男性
    治療期間 2年7か月
    治療方法 上顎急速拡大装置、ヘッドギア、部分マルチブラケット装置
    費用 450,000円+税
    デメリット・注意点 今後、2期治療に進む必要がある。また、抜歯の必要性がある。
  • 大きい前歯が生えてきてガタガタになりそうとの主訴で来院されました。

    実際、歯の大きさは標準の倍以上の大きさであったため、将来的に抜歯をせずに歯を並べきることが難しい症例でした。そこで、永久歯は生えそろってから抜歯を伴う2期治療を行うことを前提として1期治療を行いました。

    まず、狭い上あごの幅を急速拡大装置で広げ、出っ歯気味の骨格(上顎前突)に対してヘッドギア を使用し、骨格の改善を行いました。その後、上の側切歯が萌出するのを待ってから上の前歯と奥歯に部分的にマルチブラケット装置をつけることで前歯のガタガタの緩和をはかりました。

    現在は装置を一旦外し経過観察中で、今後永久歯の萌出を待ってから2期治療を開始する予定です。

  • 監修者情報

    経歴

    • 2011年

      徳島大学歯学部歯学科卒業

    • 2016年

      徳島大学大学院 口腔顎顔面矯正学分野 博士課程修了

    • 2017年

      日本矯正歯科学会認定医取得

    詳しい情報はこちら