CASE

前歯で噛めない(開咬)

    • before

      BEFORE

    • after

      AFTER

    症例情報

    症状 開咬を伴うAngle Ⅱ級骨格性上顎前突症例
    年齢・性別 8歳男性
    治療期間 1年9か月
    治療方法 上顎急速拡大装置、ヘッドギア、部分マルチブラケット装置
    費用 450,000円+税
    デメリット・注意点 1期治療のみで終了したため、正中が一致していなかったり咬合がやや不完全な部分もある。
  • 前歯で噛めないことを主訴に来院されました。少し出っ歯気味で上顎の幅が狭く、前歯も上下で噛めていませんでした。

    まず急速拡大装置で上顎を拡大し、上顎の狭窄歯列を改善しました。その後、噛み合っていない前歯に対して部分ブラケット装置を装着し、ヘッドギアで上顎の成長をコントロールし上下顎の前後的位置関係の改善を行いました。

    歯列の真ん中は少しずれたままとなりましたが、上下の前歯がしっかりと噛み合い、食べ物が噛み切れるようになり口元の出っ歯感も改善し、これ以上の治療は希望されなかったため1期治療で終了としました。

  • 監修者情報

    経歴

    • 2011年

      徳島大学歯学部歯学科卒業

    • 2016年

      徳島大学大学院 口腔顎顔面矯正学分野 博士課程修了

    • 2017年

      日本矯正歯科学会認定医取得

    詳しい情報はこちら