CASE

  1. 受け口(下顎前突)、ガタガタ(叢生)、噛めない(開咬)

    • before

      BEFORE

    • after

      AFTER

    症状 開咬および上顎前歯部叢生、下顎両側側切歯先天欠損を伴う骨格性下顎前突症例
    年齢・性別 19歳女性
    治療期間 3年2か月
    治療方法 上顎左右第一小臼歯の抜歯、歯科矯正用アンカースクリュー、上下顎マルチブラケット装置
    費用 880,000円+税
    デメリット・注意点 歯肉退縮、歯根吸収など 骨格性下顎前突に対する外科手術を行わない矯正治療のため、骨格的な問題は改善できていない。
    詳しく見る