BLOG

【簡単】小児矯正の流れと費用〜わかりにくい料金詳細~

何か高級なものを購入するときには、期待感や幸福感がある一方で、不安な気持ちを抱くこともあります。

「他に費用がかからないだろうか?」
「保証はしっかりしてるのかな?」

歯科においては矯正治療の際、同様の不安から決めきれないことも多いかと思います。

今回は、小児矯正をどこの歯医者でしたらいいか悩んでいる方々に向けてまとめました。

テーマは小児矯正の簡単な流れとそれぞれの費用についてです。

【目次】

  1. 小児矯正の流れ
  2. 小児矯正の費用
  3. まとめ

 

1)小児矯正の流れ【タイミングと期間】

 

こどもの矯正治療は大きく分けてⅠ期治療とⅡ期治療に分かれます。症例によっては早期の治療として咬合誘導を行うこともあります。

  • 咬合誘導(〜6歳)

主に、永久歯が生え始めるまでの乳歯列期に行います。

歯並びに影響を及ぼす、舌を前に出す癖(舌突出癖)や指しゃぶり(吸指癖)、お口がぽかんとあいている(口呼吸)などの悪い癖(悪習癖)がある場合に、口腔筋機能療法と呼ばれる舌や口唇の訓練をします。また、取り外しのできる装置を補助的に使ったりすることもあります。

  • Ⅰ期治療(6〜12歳)

基本的には永久歯に生え変わり始める6歳から8歳頃に開始時期を検討することが多く、6歳臼歯が萌出し上の前歯が生えそろい矯正装置をつけられるようになる8歳から9歳ごろに開始することがほとんどです。

Ⅰ期治療開始後は1〜2年間ほど矯正装置を使いながら幅の狭い小さい顎を拡げたり、上あごと下あごの成長をコントロールし位置関係やバランスを整え骨格的なズレを改善します。

  • Ⅱ期治療(12歳〜)

個々の歯にブラケットと呼ばれる装置をつけワイヤーを通すことで、それぞれの歯を動かし噛み合わせを整える治療です。治療機関としては約2〜3年かかることが多いです。

 

【小児矯正はいつから?開始時期のタイミングを知る3つのポイント】

小児矯正の流れと治療期間【期間を短くする4つのコツお伝えします】

 

 

2)小児矯正の費用【診断から矯正治療終了後までの値段】

 

費用に関しては、自費診療のため医院ごとに独自に設定されていますので、当然ながら値段はさまざまです。

今回は当院での価格を参考に小児矯正に関する矯正費用の内訳をご説明します。

当院での小児矯正の基本的な治療費は、45万円+税で追加費用はかかりません。

以下がその内訳です。

  1. 相談費用 0円(無料)
  2. 検査・診断料 5万円+税
  3. 咬合誘導 5万円+税
  4. Ⅰ期治療基本料 40万円+税
  5. Ⅱ期治療・成人矯正治療基本料 (83万円〜110万円)−(Ⅰ期治療費40万円)=43万円〜70万円+税
  6. 調整費用 0円(基本料に含む):毎回の矯正治療に対しての処置費用
  7. 矯正装置費用 0円(基本料に含む):矯正器具を作製した場合の費用
  8. 保定装置費用 0円(基本料に含む)治療終了後、保定期間に使用するリテーナーなどの装置費用
  9. 保定観察料 2000円+税/回:治療終了後、歯が後戻りしていないかの確認および装置の調整費用
  10. 歯科検診費用:歯肉炎や歯周炎(歯石除去)および虫歯の治療に関しては矯正治療とは別扱いとなるため、当院では一般歯科担当の歯科医師・歯科衛生士にて対応となります。(保険適応可)

・上記の中で、赤文字は1期治療からの小児矯正治療費として必要となる費用となります。

その中でも特に6. 調整費用、7. 矯正装置費用に関してはその都度かかってくる費用となるので注意が必要です。

当院ではトータルフィーシステム(材料費、調整費を含む)を導入しているため、これらも治療費(基本料)の中に含まれていますので安心して治療を受けていただくことができます。

咬合誘導に関しては、必要な場合はこちらから早めにご案内させていただきます。

Ⅱ期治療に関しては、理想的に歯を並べ緊密なかみ合わせを獲得するために必要となることが多いです。

当院では、Ⅰ期治療からⅡ期治療に移行する患者さんは、Ⅱ期治療・成人矯正治療の費用から既にお支払いいただいているⅠ期治療の矯正費用を差し引きし差額で小児矯正後のⅡ期治療を受けていただけるようなシステムとなっております。つまり、一般的なマルチブラケット装置でⅡ期治療・成人矯正治療に移行する際は、基本料の83万円+税からⅠ期治療でお支払いいただいた40万円+税を差し引きし、差額の43万円+税でⅡ期治療を行っていくこととなります。

 

3)まとめ

このように矯正治療の費用は非常に複雑です。

それは誰一人として同じ歯の並び、顎の形をしておらず、それぞれに合った矯正器具を使用し、それぞれに合った理想的な歯並びを獲得するために矯正治療を行うからです。

先程述べたような費用の内訳を少しでも理解していると、矯正の相談を受けられる際にもきっと役立つかと思います。

相談の前には、ぜひもう一度ご確認ください。

 

監修者情報

2011年 徳島大学歯学部歯学科卒業

2016年 徳島大学大学院 口腔顎顔面矯正学分野 博士課程修了

2017年 日本矯正歯科学会認定医取得

詳しい経歴はこちら
矯正の症例紹介はこちら