BLOG

小児矯正装置の洗い方を簡単にマスター【矯正医によるお手入れ解説】

たくさんの色鉛筆を使って遊んでいる女の子
”今から矯正を始めようとしている”

”矯正を始めたが、お手入れの方法がわからない”

”なんとなく歯磨きしているが、虫歯にならないか心配”

こんな方々に向けて、矯正装置のお手入れの方法をお伝えします。

この記事を読めば、お手入れ方法をマスターでき不安なく矯正治療を受けられます。

楽しい矯正ライフを楽しむためには絶対に必要なことですので、ぜひチェックしてください。

【目次】

  1. 小児矯正装置の洗い方を簡単にマスター
  2. 取り外し式矯正装置の清掃方法
  3. 固定式矯正装置の清掃に用いる器具
  4. 固定式矯正装置の清掃方法
  5. まとめ

 

1. 小児矯正装置の洗い方を簡単にマスター【矯正医によるお手入れ解説】

矯正治療をする上で大変なのが装置のお掃除、あるいは装置周囲の歯磨きですよね。

取り外し式の装置に関しては、取り外しができる分破損するリスクも高くなりますので、取り扱いが非常に大切です。

また、固定式の装置の場合は取り外しができないため、ご自身の歯の虫歯のリスクが何倍にもなると言われています。装置を入れている場合の歯磨きの仕方をしっかり習得して、装置が外れるまできれいな歯を保ちましょう。

それぞれの清掃方法を今からできるだけ簡潔に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

 

2. 取り外し式矯正器具の清掃方法

矯正器具の清掃をして汚れをしっかり取り除くことで、口腔内を清潔に保ち細菌の繁殖を防ぐとともに嫌な臭いを防ぐことができますし、装置自体も長持ちさせることができます。

毎日清潔な状態で気持ちよく使用するためにも、正しい清掃方法について学びましょう。

 

①歯ブラシで磨く

装置を使用していると汚れが付着してきます。装置を取り外したら必ず流水下にて歯ブラシで汚れを落としましょう。

装置はプラスチックを使用しているものもあり、熱いお湯は変形の恐れがありますので、ぬるま湯程度以下の温度で清掃してください。食洗機での洗浄も避けてください。

また、お手入れにはやわらかい歯ブラシを使い、歯磨き粉は絶対につけないようにしましょう。歯磨き粉の中には研磨剤が含まれていますので、装置を傷つけてしまい汚れが付着しやすくなり細菌が繁殖しやすくなる恐れがありますので注意してください。

アルコール消毒もプラスチック部分が劣化する原因となってしまうため避けてください。

もし何か使用するのであれば、薄めた中性洗剤を使用してください。

 

②洗浄剤を使用する

洗浄剤を使用する場合は矯正装置専用の洗浄剤を使いましょう。

装置の種類によっては代用品として入れ歯の洗浄剤も使用できますが、ワイヤーをろう付けしている装置では入れ歯の洗浄剤は強力すぎる場合があります。ろう付け部分が溶けて外れてしまったりなど装置の破損につながる可能性がありますので、歯科医師や歯科衛生士の指示に従ってご使用ください。

また、洗浄剤を使用する場合はつけ置き時間などの使用方法を守り、決して洗浄液に入れたままにはしないようにしましょう。

 

③保管方法

使用していない時は、必ず清潔な状態(乾燥状態)で専用のケースに入れてください。

入れ歯のように水の中で保管する必要はありません。

また、ティッシュに包んで置いておいたりするとゴミと間違えて捨ててしまったり踏んでしまったりすることがありますので注意しましょう。

 

矯正装置の種類がわからない方はこちら↓

小児矯正のいろんな装置を写真付きで紹介【それぞれの特徴と使用方法】

 

3. 固定式矯正器具の清掃に用いる器具

固定式の装置は取り外しができないため、ご家庭での歯磨きがとても大切になります。

せっかく歯を綺麗に並べるのに、矯正が終わる前に虫歯になってしまっては悲しいですよね。

固定式の装置を使用する予定のある方、使用している方は、十分に知識をつけて毎日の清掃を頑張りましょう。

まずは、固定式矯正装置の清掃に用いる器具をご紹介します。

  1. 歯ブラシ
  2. ワンタフトブラシ
  3. 歯間ブラシ
  4. フロス
  5. 含嗽剤
  6. 歯磨き粉

全てを用意する必要はありませんが、ご自身にあった器具を見つけてみてください。

それではこれらの器具を使って実際に行う清掃方法を学んでいきましょう。

 

4. 固定式矯正装置の清掃方法

矯正装置の周りやワイヤーの下が磨きにくくなるため、毛先の入れ方がポイントとなります。

矯正治療でよく使うマルチブラケット装置での磨き方を写真入りで具体的にご紹介します。

他の固定式器具での磨き方にも応用できますのでご活用ください。

①ブラケット、ワイヤーの周りを磨く時は歯ブラシの毛先を斜め45度くらいの角度で差し込みましょう。「斜め上から」「斜め下から」「正面」の三方向から磨きます。この際、歯ブラシを大きく動かすのではなく、1歯ずつ細かく磨いていくのがポイントです。

②ワイヤーの下やブラケットの周りなどの細かい部分をワンタフトブラシで磨きます。歯ブラシと同じく毛先を斜め45度くらいの角度で差し込み、細かく動かして磨きましょう。隙間が狭くワンタフトブラシでも届かない部分は歯間ブラシを差し込み磨いても効果的です。歯間ブラシのサイズは隙間の大きさに合わせて選びましょう。

③少し難易度が上がりますが、フロスを行うことも良いでしょう。

ワイヤーが入っているため通常通りフロスを通すことは難しいですが、フロススレッダーを使用すれば可能です。フロスを通したフロススレッダーをワイヤーの上から下に通し引き出します。フロスがワイヤーの間を通ったら、フロスの両端を通常通り指に巻き付け、歯と歯の間にゆっくりとスライドさせながら歯の側面をこすり汚れを落としましょう。

④歯磨きに合わせて含嗽剤(うがい薬)を使用しても良いでしょう。

殺菌効果のあるものやフッ素入りなど種類は様々ございますので、スタッフにご相談ください。また、フッ素入りの歯磨き粉を使うことも虫歯予防に効果的です。

 

5. まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます。

清掃方法の解説はいかがでしたか?難しいと感じられた方がやはり多いのではないでしょうか。

しかし、せっかく矯正をするのですから美しい歯を保ったままでいたいのはみなさんも先生も同じ気持ちです

私たちは矯正治療の際にメインテナンスをしながら歯磨きの仕方などをお伝えしますが、やはりご本人の清掃やお手入れは何より大切です。

楽しく矯正治療をするためにも清掃方法をしっかり学んで、わからないことはどんどん衛生士さんか先生に質問してください。

矯正治療が終わった後のみなさまの笑顔を何より楽しみにしています。

監修者情報

2011年 徳島大学歯学部歯学科卒業

2016年 徳島大学大学院 口腔顎顔面矯正学分野 博士課程修了

2017年 日本矯正歯科学会認定医取得

詳しい経歴はこちら
矯正の症例紹介はこちら